その意味を皆さんに知っていただきたくて

私が2017年2月10日に起業した時に屋号は「とまり木」にしようと最初から決めていました。お洒落で恰好がいいネーミングではありませんが、深い想いが込められています。私の周りには人生をあまりにも忙しく生きている人が沢山います。長いようでもあっという間に過ぎてしまう人生だと思います。どこかで一度ゆっくり立ち止って自分の人生を振り返ってほしい。既に持っている自分の豊かさに気づいてほしい。見失ってはいけない大切なことに気づいてほしい。そしてこれからの人生をもっと自分らしく生きていってほしい。

人生を立ち止る時にホッと休憩できる場所・・・そんな役目を果たせる「とまり木」になって人様のお役に立てたらいいなと思ったのです。その木には太くて安定感のある枝があって、そこで渡り鳥が一休みをします。涼しい木陰があってゆっくり羽を休めることができます。鳥は充分に休みます。想いを巡らします。鳥はまた元気になって、希望で胸を膨らませて未来に向かって飛び立っていきます。
その飛び立つ後ろ姿に向かって「とまり木」は頑張ってねとエールを送ります。鳥がしっかりと自由に飛び立つ姿を見て嬉しく思います。そんな存在になりたいと願って屋号は「とまり木」と決めました。

出版本「命のバトン」

最近の記事

  1. 2021.02.19

    最新講座案内

カテゴリー